トップページ >  診療科 >  消化器外科 (Gastrointestinal Surgery)

診療科

専門センター等

部門・活動

消化器外科 (Gastrointestinal Surgery)

近年はさまざまな悪性腫瘍(食道癌、胃癌、大腸癌、肝臓癌、胆管・胆嚢癌、膵臓癌など)に対する手術が中心になっていますが、虫垂炎、胆石症、鼠径ヘルニアなどの良性の疾患の手術治療も実施しております。小さな傷で済む腹腔鏡手術も導入しております。 

 

かなり進行し,一見手術が困難なように見える癌患者さん、さらに救急患者さんも躊躇なさらずにご来院・ご紹介いただければ幸いです。標準的な治療ガイドラインではなかなか対処出来ないような患者さんの治療方針に関しては,可能な限り患者さんのご希望を尊重する方向で,必要時には,内科・放射線科・病理医と情報交換を密にし,適していると思われる治療法を患者さんに提示し,病状ならびに治療法に関して詳細に説明した上で患者さんに治療法を選択して頂いております。

 

下記スタッフ以外に上記の各診療科をローテートする東京大学外科医局、筑波大学外科医局等から派遣された後期研修医が,さらには数名の初期研修医含め、10数名で患者さんの順調な病気からの回復を目指して日夜努力しております。

学会認定施設の指定

日本外科学会、日本消化器外科学会、日本肝胆膵外科学会、日本胸部外科学会、日本呼吸器外科学会、日本呼吸器内視鏡学会

医師名 専門領域 所属学会・専門医等

部長、副病院長

がんセンター長

緩和ケアセンター長

吉見 富洋 (よしみ ふよう)

○消化器外科

日本外科学会 専門医・指導医
日本消化器外科学会 専門医・指導医

日本肝胆膵外科学会 高度技能指導医・評議員
日本がん治療認定医機構 認定医・暫定教育医
日本臨床外科学会 評議員

日本消化器病学会
日本肝臓学会

日本膵臓学会
日本食道学会
日本胃癌学会

部長

(上部消化管鏡視下手術担当)
川崎 普司 (かわさき ひろし)

○消化器外科

日本外科学会 専門医

日本救急医学会 

日本消化器外科学会 
日本臨床外科学会 
日本癌治療学会 
日本胃癌学会 
日本食道学会 
日本外傷診療研究機構 JATECインストラクター

日本外傷学会

日本Acute Care Surgery

部長

(下部消化管鏡視下手術担当)
日吉 雅也 (ひよし まさや)

○消化器外科

日本外科学会 専門医

日本消化器外科学会 専門医・消化器がん外科治療認定医

日本消化器内視鏡学会 専門医

日本がん治療認定医機構 認定医

日本大腸肛門病学会

日本内視鏡外科学会

医長

根本 卓 (ねもと まさる)

○血管外科

○消化器外科

血管外科参照

医長

工藤 宏樹 (くどう ひろき)

○消化器外科

○肝胆膵外科

日本外科学会 専門医
日本消化器外科学会

日本肝胆膵外科学会

日本内視鏡外科学会 
日本臨床外科学会

日本小児外科学会

医長

奥野 貴之 (おくの たかゆき)

○消化器外科

日本外科学会 専門医

日本消化器外科学会 専門医

日本内視鏡外科学会

日本大腸肛門病学会

日本消化器内視鏡学会

日本癌学会

医員(専攻医)

田所 優 (たどころ ゆう)

○消化器外科 日本外科学会 専攻医

医員(専攻医)

渡邉 達己 (わたなべ たつき)

○消化器外科 日本外科学会 専攻医

医員(専攻医)

伊賀上 翔太 (いがうえ しょうた)

○消化器外科  

名誉院長
永井 秀雄 (ながい ひでお)

○外科学
○消化器外科学
○内視鏡外科学

日本外科学会 専門医・指導医
日本消化器外科学会 専門医・指導医・消化器がん外科

治療認定医
日本内視鏡外科学会 技術認定医
日本肝胆膵外科学会 高度技能指導医・名誉会員
日本胆道学会 特別会員

日本膵臓学会

日本臨床外科学会

日本外科感染症学会 インフェクション・コントロール・

ドクター

小切開・鏡視外科学会 設立理事

American Society of Clinical Oncology Emeritus

member

診療科の特色,対象疾患,治療法,症例数,治療成績など

患者さんに病名・病状,各種診断及び治療法などを詳細に説明させて頂いた上で,患者さんに治療法を選択して頂いております。関係各科(内科・放射線科・病理等)とカンファレンスを行ったうえで、社会的な問題にもなっている萎縮医療にならないように心掛けています。

外科手術実績

1)胃・大腸
 ガイドラインに準じた治療を行っている。多施設共同研究に参加している。腹腔鏡下胃切除、大腸切除の症例を鋭意増やしている。

2)食道
 食道癌に対して右開胸開腹食道亜全摘・胸骨後胃管挙上・頚部再建を行っている。縫合不全に対し脾動脈・静脈を外頚動脈・総頚静脈に吻合する supercharge technique を施行している。消化器内科と検討したうえで術前化学療法を行う症例が増えている。

3)肝
 ICG R15 値とCT volumetry を用いて切除容量の安全限界を設定している。胆・膵 吊り上げ式胆嚢摘出術が増加している。総胆管結石を径胆嚢管的に摘出できる場合もある。悪性腫瘍は進行している症例が多く、積極的に血管合併切除・再建を行っている。膵尾部の良性腫瘍に対しては腹腔鏡下切除も行っている。

【平成29年度】

臓器 手術総数 がん症例数  その他の疾患数
食道 5 5 GIST 0
その他 0
115 108 GIST 3
その他 4
小腸・大腸 315 小腸 6 虫垂炎 60
大腸 182 イレウス他 67
39 原発性 12 その他 0
転移性 20
肝内胆管 1
膵臓 31 通常型 27 IPMN他 4
胆道 167 胆管 19 胆石症 136
胆嚢 10 その他 2
ヘルニア 137   鼠径ヘルニア 121
他種ヘルニア 16

【平成28年度】

臓器 手術総数 がん症例数  その他の疾患数
食道 10   9 GIST 0
その他 1
116   105 GIST 1
その他 10
小腸・大腸 352 小腸 9 虫垂炎 47
大腸 184 イレウス他 112
63 原発性 26 その他 5
転移性 31
肝内胆管 1
膵臓 48 通常型 41 IPMN他 7
胆道 158 胆管 19 胆石症 113
胆嚢 11 その他 15
ヘルニア 86     鼠径ヘルニア 70
他種ヘルニア 16

 

▲戻る