トップページ >  診療科 >  リハビリテーション科 (Rehabilitation Medicine)

診療科

病院長直轄部門

診療センター・部

診療支援部門

研究・研修支援部門

診療チーム

リハビリテーション科 (Rehabilitation Medicine)

当科の特色

部長
リハビリセンター長
鈴木 聖一
 すずき せいいち 

脳卒中・外傷などの救急疾患から、周術期、ガン末期に対するリハビリテーションまで全般に行なっております。


 当科は脳血管障害,脊髄損傷,外傷,整形外科的疾患を初めとして,機能訓練を必要とするさまざまな患者さまに対応しています。主に入院中の方を対象としています。 スタッフ一同で患者さまが障害を克服するのをお手伝いさせていただきます。

リハビリテーションセンターホームページ

リハビリテーション技術科ホームページ

施設基準

  • 脳血管リハビリテーションⅠ
  • 運動器リハビリテーションⅠ
  • 呼吸器リハビリテーションⅠ
  • 廃用症候群リハビリテーションⅠ
  • がんのリハビリテーション

スタッフ紹介


部長

リハビリテーションセンター長

鈴木 聖一

(すずき せいいち)


専門領域

リハビリテーション

所属学会・専門医等

  • 日本リハビリテーション医学会 専門医
  • 日本整形外科学会 専門医
  • 義肢装具等適合判定医
  • 日本体育協会認定スポーツドクター
  • 日本障がい者スポーツ協会認定 障がい者スポーツ医

 

循環器内科部長
馬場 雅子

(ばば まさこ)


専門領域

心大血管リハビリテーション治療

循環器内科

所属学会・専門医等


 

(非常勤医師)

林 美代子

(はやし みよこ)


専門領域

リハビリテーション

所属学会・専門医等

  • 日本リハビリテーション医学会認定臨床医
  • 日本整形外科学会 専門医
  • 義肢装具等適合判定医

 

(非常勤医師)

来間 泰佑

(くりま たいゆう)


専門領域

リハビリテーション

所属学会・専門医等

  • 日本リハビリテーション医学会

主な対象疾患

対象疾患

脳血管障害、外傷、整形外科的疾患、悪性腫瘍など

スタッフ

医師 2名(1名心大血管リハ兼務)、理学療法士 14名、作業療法士 7名、言語聴覚士 3名、受付2名

外来診察

  • 月曜日 午前
  • 水曜日 午前
  • 木曜日 午前

 訓練

月曜日~金曜日(予約制)

診療実績

令和2年度診療実績

 R2年度にリハビリテーションを施行した患者数は入院1567名、外来をあわせると1689名(前年度1597名)で対前年比105.8%です。コロナ禍で病院全体の患者数が減少している一方、リハビリテーションの対象患者は増加しています。患者数の伸びは呼吸器外科が最も多く(対前年比861%)、予定手術全例に術前外来からの介入を開始したことによります。内訳の主な疾患は大腿骨頸部骨折など外傷が25.3%、脳血管障害16.4%、人工関節術後など主な骨関節疾患が9.1%、悪性腫瘍15.4%、呼吸器疾患8.1%となっています。 依頼元の診療科としては、眼科、産科を除くその他すべての診療科から依頼をいただいており、整形外科が39.7%と最も多く、次いで内科23.3%、脳神経外科14.4%、呼吸器外科9.2%です。PCU病棟における介入実患者数は昨年と同じ25名でしたが、延べ患者数は431名(昨年度390名)と対前年比110.5%でした。

疾患別

疾 患 分 類

R元年度

R2年度

脳血管障害

327 277

脳腫瘍

12 20

脳外傷

9 18

その他の脳疾患

48 33

外傷

524 427

骨関節疾患

165 155

脊椎疾患

74 81

脊髄損傷

11 13

切断

10 7

骨関節の腫瘍

1 2

整形外科的感染症

37 45

神経筋疾患

27 44

悪性腫瘍

143 261

呼吸器疾患

65 137

その他

144 169

合 計

1,597

1,689

診療科別内訳

診療科 R元年度 R2年度
全体 入院 全体 入院
整形外科 745 583 671 569
脳神経外科 228 224 243 240
内科 428 427 394 390
外科 68 68 65 64
呼吸器外科 18 18 155 152
乳腺外科 42 42 72 68
循環器外科 5 5 3 3
救急科 31 31
耳鼻科 5 5 4 4
小児科 1 0 1 0
精神科 2 2 0 0
泌尿器科 6 6 9 8
皮膚科・形成外科 17 14 12 9
婦人科 29 29 28 28
放射線治療科 3 2 1 1
合計 1,597 1,425 1,689 1,567

新規入院患者に占める介入率

  H28年度 H29年度 H30年度 R元年度 R2年度
新規入院患者数 10,739人 11,248人 11,031人 10,835人 8,895人
リハ介入患者数 1,074人 1,280人 1,421人 1,425人 1,567人
介入率 10.0% 11.4% 12.9% 13.2% 17.6%

PCU病棟におけるリハビリテーション実績

    全体 理学療法 作業療法 言語聴覚
H30年度 実員(人) 20 16 6 4
延べ(人) 290 185 79 26
R元年度 実員(人) 25 24 3 2
延べ(人) 390 353 23 14
R2年度 実員(人) 25 19 12 4
延べ(人)

431

196 206 29

臨床研究

リハビリテーション科臨床研究発表実績

茨城県立中央病院臨床研究発表実績まとめ

当科の取り組み

早期リハビリテーションの充実に向けた取り組み

 平成30年度はゴールデンウィークや年末年始の長期連続休日に加え、月2回の土曜日診療を開始しました。また、特定集中治療室における早期離床・リハビリテーションチームの一員として、多職種と連携し、プロトコルの作成と算定に向けた運用方法の構築を行い、平成31年度からの算定開始に向けた準備を整えました。 周術期のリハビリテーションとしては、術前より呼吸器リハビリテーションを開始し、呼吸機能の評価に加え、呼吸法や排痰法の指導を行っています。

 急性期病院として、入院後早期からリハビリテーションを開始・提供することは、安静による廃用症候群や二次的合併症を予防し、良好な機能回復を図るために重要です。今後さらに充実を図っていくためには、必要人員の確保が課題です。

お知らせ

▲戻る