トップページ >  診療科 >  産婦人科 (Obstetrics and Gynecology)

診療科

病院長直轄部門

診療センター・部

診療支援部門

研究・研修支援部門

診療チーム

産婦人科 (Obstetrics and Gynecology)

医師名 専門領域 所属学会・専門医等

病院長

吉川 裕之 (よしかわ ひろゆき)

○産婦人科

○婦人科腫瘍

日本産科婦人科学会 専門医・指導医・名誉会員
日本婦人科腫瘍学会 専門医・指導医・監事

母体保護法 指定医
日本臨床腫瘍学会 暫定指導医・功労会員
日本がん治療認定医機構 認定医・功労会員

日本産婦人科手術学会 名誉会員

部長、周産期部長

筑波大学地域臨床教育センター教授
沖 明典 (おき あきのり)

○産婦人科

○婦人科腫瘍

日本産科婦人科学会 専門医・指導医

日本婦人科腫瘍学会 専門医・指導医

母体保護法 指定医

日本臨床細胞学会 細胞診指導医
日本がん治療認定医機構 認定医・暫定教育医
日本癌学会
日本癌治療学会
日本産婦人科手術学会

部長(婦人科腫瘍担当)
高野 克己 (たかの かつみ)

○産婦人科

○婦人科腫瘍

日本産科婦人科学会 専門医・指導医

日本婦人科腫瘍学会 専門医・指導医

日本周産期・新生児学会

日本臨床細胞学会 細胞診専門医
日本癌学会
日本癌治療学会
日本産婦人科手術学会

部長(周産期医療担当)

安部 加奈子 (あべ かなこ)

○産婦人科

○周産期医療

○母乳育児支援

日本産科婦人科学会 専門医・指導医

日本周産期・新生児学会 専門医(母体・胎児)

母体保護法 指定医

国際認定ラクテーションコンサルタント(IBCLC)

日本遺伝カウンセリング学会 臨床遺伝専門医

日本産婦人科内視鏡学会

日本ラクテーションコンサルタント協会

医長

道上 大雄 (みちかみ ひろお)

○産婦人科

○婦人科腫瘍

日本産科婦人科学会 専門医

日本婦人科腫瘍学会

日本臨床細胞学会

医長

玉井 はるな (たまい はるな)

○産婦人科 日本産科婦人科学会 専門医

医長

兒玉 理 (こだま おさむ)

○産婦人科

日本産科婦人科学会 専門医

日本周産期・新生児学会 専門医(母体・胎児)

医員

高尾 航 (たかお わたる)

○産婦人科 日本産科婦人科学会 専門医

医員(専攻医)

久保谷 託也 (くぼや たくや)

○産婦人科  

(非常勤医師)

筑波大学産科婦人科学講師

櫻井 学 (さくらい まなぶ)

○産婦人科

○婦人科腫瘍

日本産科婦人科学会 専門医・指導医

日本婦人科腫瘍学会 専門医

日本臨床細胞学会 細胞診専門医

日本癌治療学会 癌治療認定医

日本産科婦人科内視鏡学会

日本女性医学学会

(非常勤医師)

大谷 貴美 (おおたに きみ)

○産婦人科

日本産科婦人科学会 専門医

(非常勤医師)

県北医療センター高萩協同病院 

産婦人科部長

井上 久美子 (いのうえ くみこ)

○産婦人科

日本産科婦人科学会 専門医

(非常勤医師)

水戸済生会総合病院 産婦人科主任部長

藤木 豊 (ふじき ゆたか)

○産婦人科

○周産期医療

日本産科婦人科学会 専門医

日本周産期・新生児医学会 専門医・暫定教育医

診療科の特色,対象疾患,治療法,症例数,治療成績など

産科

 平成27年10月より10年ぶりに分娩を再開しております。当面の間は妊娠・分娩のリスクの低いと推定される方に対して、助産師主導の院内助産システムを運用した分娩が主体となります(医師が立ち会いますので、正確には「院内助産システム」とは呼べないのですが、助産師主導で医師が必要以上に介入しないという意味で使っております)。産婦人科医が初回受診時、妊娠初期にかけて妊娠・分娩のリスクについて確認し、低リスクと判断した方は異常がない限り、妊娠中期以降の外来や分娩時は、産婦人科医師の管理下に、助産師が中心となってお世話させていただくシステムです。産婦人科医が分娩時には立ち会いますし、小児科医も待機するなどサポート体制は万全です。安全性を確保しつつ、助産師主導のより自然な分娩のお手伝いができればと考えております。万が一医師の主体的な関わりが必要な場合は、産婦人科医、小児科医連携のもと即座に対応いたしますので、医師が立ち会う院内助産システムは安心して分娩していただけるものと確信しています。また夫などの立ち会い分娩や里帰り分娩も行っております。里帰り分娩につきましては、原則として妊娠初期に一度受診していただくことにしておりますので、詳しくは産婦人科までご相談ください。

 また、近隣に同じく県立こころの医療センターが位置していることから、心のケアを必要としている妊婦さんの受け入れも行っています。特にいろいろな疾患で薬を服用されている女性や妊婦さんに対して、妊娠・授乳に関する薬の影響や服用についてのアドバイスを行う「授乳とくすり外来」も開設しました。

産科のご案内については、こちらをご覧ください。

婦人科

 県央・県北の婦人科がん(子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんなど)治療の中核病院として、手術療法・化学療法・放射線療法を組み合わせた集学的治療を含め、婦人科がんに対する最適な医療を進めております。県唯一の国指定のがん診療連携拠点病院である当病院の婦人科部門としてふさわしい高度な医療も担当しており、筑波大学附属病院と診療・教育・研究で綿密な連携を行っています。セカンドオピニオンもお受けしております。

  • 婦人科悪性腫瘍
  • 子宮頚がん
  • 子宮体がん
  • 卵巣がん
  • その他の婦人科悪性腫瘍

婦人科良性腫瘍 手術も行う予定ですが、あくまで悪性腫瘍の手術を優先としますので、手術までに時間を要することがあります。ご了承ください。

  • 子宮筋腫
  • 子宮内膜症
  • 卵巣嚢胞
  • その他

●子宮筋腫に対する子宮動脈塞栓術(UAE)を始めました

 子宮動脈塞栓術(UAE)とは、子宮筋腫によって生じる症状(過多月経、月経痛、貧血、腹部腫瘤の自覚など)を開腹せずにカテーテルという細い管を用いて治療する方法です。入院期間が短くて済み、日常生活にも早く戻れるのが特徴です。なお、治療には健康保険が適用されます。詳しくはこちら(PDF)をご覧下さい。

平成2017年の診療実績

 当科は日本婦人科腫瘍学会専門医指導施設です。昨年は2年連続で子宮頸癌・体癌、卵巣がんなど婦人科悪性腫瘍初回治療件数が150例を超えました。本院より北でのがん患者さんの治療を行う施設がないため、県央地区の患者さんのみならず、県北から患者さんにもご利用いただいています。その地域での年齢分布を背景としているからか、高齢の患者さんが多いのが特徴です。そのため、学会の定めるガイドラインで推奨されている標準治療をふまえて、個々の患者さん一人一人の年齢や合併症、社会的背景などを把握したうえで、患者さんとそのご家族と個別に最善の治療を考えながら治療を行っています。婦人科悪性腫瘍の患者さんの治療は、手術だけではなく、放射線治療や化学療法(抗癌剤治療)、ホルモン療法などを組み合わせて治療する集学的治療を行う場合が多く見受けられます。当院に遺伝診療科が新設されたことに伴い、婦人科悪性腫瘍患者さんの家族歴や病歴を詳細に聴取することから、家族性腫瘍の可能性について検討することを開始しています。また、家族性腫瘍に関連する乳腺科や消化器科などと連携し、今後遺伝性腫瘍の可能性のある患者さんに対して、遺伝カウンセリングや、遺伝子検査受診についてのサポートや結果によっては予防的な手術について、今後行う予定です。

 産科につきましては、2016年に比べると分娩数が47から107と倍増しております。(2018年の速報値は155分娩)まだまだ件数は少ないのですが、一人一人のニーズをくみ取り、最適な分娩を行っていくことを目指しています。また、総合病院である当院では、他科との連携を緊密に取りながら合併症妊娠にも対応できるように努めています。

産科

分娩 経腟分娩 107
母体搬送受け入れ 8

 

産科手術件数
吸引分娩 12
鉗子分娩 4
帝王切開分娩 16
合計 32

 

その他産科手術
子宮内容除去術 11
異所性妊娠手術(腹腔鏡) 10
異所性妊娠手術(開腹) 1
妊娠中卵巣手術(腹腔鏡) 1
腹式単純子宮全摘術(瘢痕部妊娠) 0
人工妊娠中絶(初期) 1
人工妊娠中絶(中期) 2
合計 26

 

婦人科

悪性腫瘍

子宮頸がん関連疾患
 子宮頚部異形成・上皮内病変 65
 子宮頸がん 53
子宮体がん関連疾患 
 子宮内膜増殖症 13
 子宮体がん 67
卵巣がん関連疾患
 卵巣境界悪性腫瘍 10
 卵巣がん 52
 腹膜がん・卵管癌 6
その他
外陰癌 2
 膣がん 1
大腸癌、悪性リンパ腫

2

由来不明 1
婦人科悪性腫瘍 合計 181

悪性関連疾患 総計

272

良性疾患

子宮筋腫・腺筋症 41
卵巣嚢胞、良性腫瘍 48
子宮内膜症 9
骨盤内感染症(PID) 8
骨盤性器脱 1
その他 21
合計 128

手術統計

子宮頸部円錐切除術

53

嚢胞切除術/付属器切除術

26

単純子宮全摘術

64

子宮悪性手術

67

子宮附属器悪性手術

76

広汎子宮全摘術

17

内視鏡手術(含むTLH:14)

50

その他

100
合計 453

▲戻る