トップページ >  診療科 >  産婦人科 (Obstetrics and Gynecology)

診療科

病院長直轄部門

診療センター・部

診療支援部門

研究・研修支援部門

診療チーム

産婦人科 (Obstetrics and Gynecology)

スタッフ

医師名 専門領域 所属学会・専門医等

部長
病院参事、周産期センター長
筑波大学地域臨床教育センター教授
沖 明典 (おき あきのり)

○産婦人科

○婦人科腫瘍

  • 日本産科婦人科学会 専門医・指導医
  • 日本婦人科腫瘍学会 専門医・指導医
  • 母体保護法 指定医
  • 日本臨床細胞学会 専門医・細胞診指導医
  • 日本がん治療認定医機構 認定医・暫定教育医
  • 日本癌学会
  • 日本癌治療学会
  • 日本産婦人科手術学会

部長(婦人科腫瘍担当)
高野 克己 (たかの かつみ)

○産婦人科

○婦人科腫瘍

○内視鏡手術

  • 日本産科婦人科学会 専門医・指導医
  • 日本婦人科腫瘍学会 専門医・指導医
  • 日本産科婦人科内視鏡学会 腹腔鏡技術認定医
  • 日本婦人科ロボット手術学会
  • 日本内視鏡外科学会
  • 日本周産期・新生児学会
  • 日本臨床細胞学会 細胞診専門医
  • 日本癌学会
  • 日本癌治療学会
  • 日本産婦人科手術学会

部長(周産期医療担当)

安部 加奈子 (あべ かなこ)

○産婦人科

○周産期医療

○母乳育児支援

  • 日本産科婦人科学会 専門医・指導医
  • 日本周産期・新生児学会 専門医・指導医(母体・胎児)
  • 母体保護法 指定医
  • 国際認定ラクテーションコンサルタント(IBCLC)
  • 日本遺伝カウンセリング学会 臨床遺伝専門医
  • 日本産婦人科内視鏡学会
  • 日本ラクテーションコンサルタント協会

部長(婦人科遺伝子治療担当)

道上 大雄 (みちかみ ひろお)

○産婦人科

○婦人科腫瘍

  • 日本産科婦人科学会 専門医
  • 日本婦人科腫瘍学会
  • 日本臨床細胞学会

医長

加藤 敬 (かとう たかし)

○産婦人科

  • 日本産科婦人科学会 専門医
  • 婦人科腫瘍学会

医員

高尾 航 (たかお わたる)

○産婦人科
  • 日本産科婦人科学会 専門医

医員(専攻医)

柿沼 麗於奈 (かきぬま れおな)

○産婦人科 
  • 日本産科婦人科学会
  • 日本産科婦人科内視鏡学会
  • 日本女性医学学会
  • 日本婦人科腫瘍学会
  • 日本周産期・新生児学会

医員(専攻医)

坂場 大輔 (さかば だいすけ)

○産婦人科 
  • 日本産科婦人科学会

医員(専攻医)

五味 香織 (ごみ かおり)

○産婦人科 
  • 日本産科婦人科学会
  • 日本女性医学学会
  • 日本周産期・新生児学会
  • 日本婦人科腫瘍学会
  • 日本生殖医学会

(非常勤医師)

名誉院長

吉川 裕之 (よしかわ ひろゆき)

○産婦人科

○婦人科腫瘍

  • 日本産科婦人科学会 専門医・名誉会員
  • 日本婦人科腫瘍学会 専門医・指導医・名誉会員
  • 日本臨床腫瘍学会 功労会員
  • 日本がん治療認定医機構 認定医・功労会員
  • 日本産婦人科手術学会 名誉会員

(非常勤医師)

水戸済生会総合病院 産婦人科主任部長

藤木 豊 (ふじき ゆたか)

○産婦人科

○周産期医療

  • 日本産科婦人科学会 専門医
  • 日本周産期・新生児医学会 専門医・暫定教育医

(非常勤医師)

水口 剛雄 (みなくち たけお)

○産婦人科

  • 日本産科婦人科学会 専門医・指導医
  • 日本婦人科腫瘍学会 専門医・指導医

(非常勤医師)

県北医療センター高萩協同病院 

産婦人科部長

井上 久美子 (いのうえ くみこ)

○産婦人科

  • 日本産科婦人科学会 専門医

(非常勤医師)

大谷 貴美 (おおたに きみ)

○産婦人科

  • 日本産科婦人科学会 専門医

⇒外来担当医一覧表はこちら

診療科の特色,対象疾患,治療法,症例数,治療成績など

診療科の特徴

 当院産婦人科は大きく婦人科部門と周産期部門に分かれますが、スタッフ全員ですべての患者さんを担当して診療に当たるグループ診療制を採用しています。周産期部門については、別項で報告させていただき、本稿では婦人科腫瘍治療を中心とした婦人科疾患に関する診療について述べたいと思います。

 婦人科部門は、2011年に筑波大学からの派遣再開の形で婦人科診療を本格的に指導し、婦人科腫瘍症例を含めて、多くの婦人科患者さまの診療をお引き受けしております。当院を受診される患者さまの居住地は県北や県央地区を中心として県西・行方地域の一部も含めた広範囲にわたっています。医療圏が広く近隣に婦人科悪性腫瘍の治療を行う施設が少ないため、慢性的に婦人科がんの患者さんのご紹介が集中しており、治療開始まで多少時間をいただくております。令和元年度から県北の日立製作所日立総合病院での婦人科患者さんの本格的な受け入れが開始され、特に県北地区の婦人科がん患者さんにとっては治療施設の選択枝が増えたことは喜ばしいことです。とは言え、県北地区での婦人科診療施設の不足が完全に解消されたわけではありませんので、初期がんの患者さんに関してこれまで行っていた、県北医療センター(高萩協同病院)との相互医療支援は継続して行っております。  

 当科婦人科部門の特徴としまして、総合病院として他の科の合併症をお持ちの患者さんを総合的に治療を行うことができることです。また、県立病院として県民の皆様に最新の婦人科治療を提供するべく必要な医療器材や手技を導入するように努力しています。昨年度からロボット支援下手術を導入し、子宮頸部上皮内病変に対するレーザー治療も開始しています。このように、医療資源が県南に偏在していること本県において、県央・県北地区を中心として、県の中心部に位置しているという地の利を活かして、治療ご希望の患者さんのニーズに応える診療を行うことを心掛けて行きたいと存じます。また、年度をまたぎますが、令和2年は全世界に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が蔓延しており、現在も県内で陽性者が散見される状態です。このような現状で当院では積極的にCOVID-19に対する取り組みも行っており、当科でもその診療に協力しております。

産婦人科として

産科・周産期部門の再開により、当院では婦人科疾患のみならず、分娩を含めて女性のライフサイクル全般に対応できるようになりました。新生児専門の小児科医が赴任されたので、産後も安心してかかれる病院を目指したいと思います。周産期センターはこちらから

対象疾患

 県央・県北の婦人科がん(子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんなど)治療の中核病院として、手術療法・化学療法・放射線療法を組み合わせた集学的治療を含め、婦人科がんに対する最適な医療を進めております。県唯一の国指定のがん診療連携拠点病院である当病院の婦人科部門としてふさわしい高度な医療も担当しており、筑波大学附属病院と診療・教育・研究で綿密な連携を行っています。セカンドオピニオンもお受けしております。

  • 婦人科悪性腫瘍
  • 子宮頚がん
  • 子宮体がん
  • 卵巣がん
  • その他の婦人科悪性腫瘍

婦人科良性腫瘍 手術も行う予定ですが、あくまで悪性腫瘍の手術を優先としますので、手術までに時間を要することがあります。ご了承ください。

  • 子宮筋腫
  • 子宮内膜症
  • 卵巣嚢胞
  • その他

●子宮筋腫に対する子宮動脈塞栓術(UAE)を始めました

 子宮動脈塞栓術(UAE)とは、子宮筋腫によって生じる症状(過多月経、月経痛、貧血、腹部腫瘤の自覚など)を開腹せずにカテーテルという細い管を用いて治療する方法です。入院期間が短くて済み、日常生活にも早く戻れるのが特徴です。なお、治療には健康保険が適用されます。詳しくはこちら(PDF)をご覧下さい。

診療実績

2019年の臨床実績

 当科は日本婦人科腫瘍学会専門医指導施設です。昨年も子宮頸癌・体癌、卵巣がんなど婦人科悪性腫瘍初回治療件数が150例を越えました。総合病院であることから、合併症をお持ちの患者さんや高齢の患者さんの紹介も多いため、学会の定めるガイドラインで推奨されている標準治療をふまえて、個々の患者さん一人一人の年齢や合併症、社会的背景などを把握したうえで、患者さんとそのご家族と個別に最善の治療を考えながら治療を行っています。婦人科悪性腫瘍の患者さんの治療は、手術だけではなく、放射線治療や化学療法(抗癌剤治療)、ホルモン療法などを組み合わせて治療する集学的治療を行うことが可能です。また、全国規模の臨床試験の登録期間として、最新の診療に関するエビデンスを輩出するべく努力をおこなっています。県内に2施設のみ設置されている遺伝子診療科が活動していることもあり、婦人科悪性腫瘍患者さんの家族歴や病歴を詳細に聴取しながら、家族性腫瘍について検討や診断もおこなっています。これに伴い、家族性腫瘍の患者さまのみに使用が認められている薬剤の投与や、昨今マスコミで報じられているゲノム医療の検査が受けられる施設となっています。他院で検査によって判明した婦人科遺伝性腫瘍に対する遺伝カウンセリングは、主治医からのご紹介をいただいた症例について遺伝カウンセリングや、遺伝子検査受診についてのご相談を受け付けています。このことに関連して、遺伝性腫瘍の保因者の方に対する予防的付属器切除術やサーベイランスの検査を開始しました.具体的には子宮体癌を中心として婦人科悪性腫瘍や消化管悪性腫瘍を発症しやすいリンチ症候群のスクリーニングする検査を導入し、同時に新規免疫チェックポイント阻害剤による治療の可能性を治療早期から検討する研究を開始しております。

婦人科

悪性腫瘍
子宮頸がん関連疾患
 子宮頚部異形成・上皮内病変 71
 子宮頸がん 48
子宮体がん関連疾患 
 子宮内膜増殖症 9
 子宮体がん 76
卵巣がん関連疾患
 卵巣境界悪性腫瘍 8
 卵巣がん・腹膜がん、卵管癌 42
その他
外陰癌 4
 膣がん 1
消化管由来 3
由来不明 0
婦人科悪性腫瘍 合計 171

悪性関連疾患 総計

262

 

良性疾患
子宮筋腫・腺筋症 48
卵巣嚢胞、良性腫瘍 53
子宮内膜症 13
骨盤内感染症(PID) 9
骨盤性器脱 2
その他 17
合計 142

 

手術統計
子宮頸部円錐切除術 69
嚢胞切除術/付属器切除術※ 64
単純子宮全摘術 83
子宮悪性手術 64
子宮付属器悪性手術 92
広汎子宮全摘術 15
内視鏡手術(含むTLH:25) 75
537

※予防的付属器切除術(RRSO):1含む

業績

こちらからご覧いただけます→臨床研究発表実績

▲戻る