私たちは、出産から育児、その後の暮らしまで末永くサポートしてゆきます。

よくある質問

Question

Q1. 妊娠中の運転やシートベルトはどうしたらよいですか?

妊娠中はホルモンの影響で眠気が強くなったり判断力が鈍ると言われています。今まで以上に気を引き締めて運転しましょう。お腹が大きくなると同じ姿勢でいるとつらくなりやすいので長時間の運転は避けましょう。シートベルトの付け方はお腹を圧迫しないように着用します。母子手帳内にイラストが掲載されているのでご参照下さい。

Q2. 温泉やプールに入ってもいいですか?

支障はありませんがお腹が大きくなると足元が見えにくくなるので、慣れない環境で転倒しないよう注意しましょう。急に立ち上がったりすると起立性低血圧を起こして気分が悪くなることもあるのでゆったり過ごしましょう。

Q3. 旅行に行ってもいいですか?

妊娠経過によります。健診時にお尋ね下さい。

Q4. パーマやカラーリングはしてもいいですか?

制限はありませんが、薬剤のにおいが気になったり、同じ姿勢でいると気分が悪くなるということがあるのでつわりなどで体調がすぐれない時は控えたほうが良いでしょう。

Q5. 腹帯ってどうすればいいですか?戌の日はいつですか?

絶対に着けなければいけないものではありませんが、着け方が分からない、着けてみたい方は健診時にご持参ください。戌の日はお渡ししているマタニティカレンダーにも記載されていますが、詳しく知りたい場合は健診時にお尋ねください。

Q6. 腰が痛いので市販の湿布を貼ってもいいですか(痛み止めを内服してもいいですか)?

解熱鎮痛薬の中には赤ちゃんの心臓に影響を及ぼす成分が含まれていることもあります。自己判断せず使用前に必ず医師や薬剤師に相談するようにしましょう。妊娠で子宮が大きくなるにつれ腰痛を起こしやすくなります。予防・改善方法をお伝えしますので健診時にお声かけ下さい。

Q7. (妊娠中)おっぱいが出るのですが?

妊娠中からおっぱいを作る準備が始まっているので分泌することもあります。妊娠後期の健診時に助産師が乳頭の状態を確認しケア方法などをお伝えします。その時期よりも前に、気になる方は健診時にお尋ね下さい。

Q8. 足がつるのですが?

はっきりとした原因はよくわかっていませんが、妊娠後期になると足の筋肉疲労がひどくなり、就寝中にゆるんだ筋肉が急に収縮すると痛みを伴う痙攣が起きると言われています。予防としては足の血流を促進するようストレッチをしたり寝るときに少し足元を高くするなどの工夫をしてみましょう。

Q9. 無痛分娩はできますか?

当院では実施しておりません。

Q10. 入院中の食事はどのようなものですか?

産後の方には入院中1回、お祝いご膳を提供しております(メインを肉か魚か選べます)。 毎日おやつや夜食もご用意しています。

看護局のブログ 産科医療保障制度について 国立成育医療研究センター アドバンス助産師について