トップページ >  診療科 >  病理診断科 (Diagnostic Pathology)

診療科

病院長直轄部門

診療センター・部

診療支援部門

研究・研修支援部門

診療チーム

病理診断科 (Diagnostic Pathology)

医師名 専門領域 所属学会・専門医等

部長

第三診療部長

病理部長
飯嶋 達生

(いいじま たつお)

○臨床病理学
(人体病理学)
○呼吸器疾患病理

  • 日本病理学会 専門医・研修指導医・評議員・分子病理専門医
  • 日本臨床細胞学会 細胞診専門医
  • 日本癌学会 評議員
  • 日本肺癌学会
  • 国際病理アカデミー日本支部
  • 厚生労働省認定死体解剖資格

部長(細胞診断担当)
斉藤 仁昭 

(さいとう ひとあき)

○臨床病理学
(人体病理学)
  • 日本病理学会 専門医・研修指導医
  • 日本臨床細胞学会 細胞診専門医
  • 日本臨床検査医学会 専門医
  • 厚生労働省認定死体解剖資格

医長

渡邉 侑奈

(わたなべ ゆうな)

○臨床病理学
(人体病理学)
  • 日本病理学会 専門医・分子病理専門医
  • 日本臨床細胞学会 専門医
  • 国際病理アカデミー日本支部
  • 厚生労働省認定死体解剖資格

(非常勤医師)

富山大学病理診断学教授

井村 穰二

(いむら じょうじ)

○臨床病理学

(人体病理学)

  • 日本病理学会 専門医・研修指導医・評議員
  • 日本臨床細胞学会 専門医
  • 厚生労働省認定死体解剖資格

(非常勤医師)

水戸赤十字病院 病理部長

堀 眞佐男

(ほり まさお)

○臨床病理学
(人体病理学)
  • 日本病理学会 専門医・研修指導医・評議員
  • 日本臨床細胞学会 専門医
  • 厚生労働省認定死体解剖資格

(非常勤医師)

筑波大学付属病院病理診断学

講師

坂本 規彰

(さかもと のりあき)

○臨床病理学

(人体病理学)

○脳腫瘍病理学

  • 日本病理学会 専門医
  • 日本臨床細胞学会 細胞診専門医
  • 日本脳神経外科学会 専門医
  • がん治療認定医
  • 厚生労働省認定死体解剖資格

(非常勤医師)

黒江 崇史

(くろえ たかし)

○臨床病理学
(人体病理学)

  • 日本病理学会
  • 日本医学教育学会
  • 厚生労働省認定死体解剖資格

診療科の特色,対象疾患,治療法,症例数,治療成績など

 当科では本院で行われる内視鏡検査や手術で摘出された組織・臓器や細胞に対する病理形態学的診断を行っています。病理診断は適切な診断治療を行うためには必須であり,特に手術中に行われる迅速病理診断は患者さまへの負担を最小限にするために不可欠なものです。また免疫組織化学やIn situ hybridization等の病理補助診断法を駆使し最適な病理診断を行うよう努めています。

 現在,常勤2名の病理医(日本病理学会認定病理専門医,日本臨床細胞学会認定細胞診専門医)、1名の病理後期研修医および病理技師7名(細胞診検査士7名)が一体となり、カンファレンス等を介して各臨床科との密接な連携を取りながら病理診断を行っています。また茨城県内の他医療機関の病理診断科および国立がんセンターや近隣大学病理学教室等とも連携し、茨城県内の病理診断の向上を目指しています。

リンク

実績

令和元年度の実績

常勤病理医3人(病理専門医3)と非常勤の病理医5人のもとで病理診断、卒後研修教育および研究を行いました。

病理診断実績

令和元度(令和がん年4月~令和2年3月)には以下の病理診断を行いました。

【組織診断】 6,590件

内訳

  • 生検材料2,950件
  • 手術材料3,248件(内、術中迅速診断 252件)
  • 診断のみ標本356件

【細胞診断】 9,753件
【病理解剖】 16件

【過去3ヶ年の病理診断数の年次推移】

  令和元年度 平成30年度 平成29年度
組織診断 6,590件 7,350件 7,779件
細胞診断 9,753件 10,610件 11,021件
病理解剖 16件 14件 18件

他診療科との連携 

 病理診断科は全診療科と関連があり、随時、他診療科と連携をとることが重要です。現在、カンファレンスについては、CPCと呼吸器臨床カンファレンスのみを定期的に開催しています。

CPC

(Clinico-athologicalConference)

月1回、第4 火曜日 19:00-20:30

呼吸器臨床病理

カンファレンス

隔週1 回、水曜日 17:00-18:00

卒後研修医等の教育

  • 他診療科の研修医に対して臨床病理カンファレンスや病理解剖を通じて病理所見と身体所見、臨床検査結果や画像等の対応を付けて研修を行うようにすることを促し、また学会発表などでの病理学的な側面での支援を行ってきました。
  • 筑波大学M5学年2名が各2週間、病院病理の実習を行いました。

業績

こちらからご覧いただけます→臨床研究発表実績

▲戻る