トップページ >  病院について >  病院長ご挨拶

病院長ご挨拶

 茨城県立中央病院は県内唯一の県立総合病院として、県民の命と健康を守るために尽力してまいりました。

 

 2008年以降、都道府県がん診療連携拠点病院の認定を国から受け、茨城県におけるがん診療の基幹病院となっています。全国がんセンター協議会加盟施設(全国32のがんセンター)でもあり、手術、化学療法、放射線治療、緩和ケアなどすべてにおいて患者さん中心のがんの高度専門医療を提供しています。今年度に保険診療に組み入れられる「がんゲノム医療」についても、筑波大学とともにがんゲノム医療連携施設として対応します。

 

 当院では職員の一致協力のもと救急医療にも積極的に取り組んでいます。脳卒中や心筋梗塞など生命の危機に直結する疾患についても直ちに対応するシステムをとっています。救急車やドクターヘリによる救急搬送も年々増加し、2017年度は5071名に達しました。応需率も95.4%と高い値を維持しています。ドクターカーの出動も年々増加し、2017年度は391件に達しました。また、がん診療や救急医療だけでなく、地域災害拠点病院、原子力災害拠点病院、へき地医療拠点病院、地域医療支援病院、難病医療拠点病院、エイズ治療拠点病院などの拠点病院として、臨床研修病院、第二種感染症指定医療機関(結核)、精神科患者身体合併症事業受入病院、助産施設、母体保護法に基づく医療機関、茨城県DMAT指定医療機関としての役割を果たしています。

 

 また、ほぼ全ての診療科において県民の期待に沿える医療、死角のない医療を推進しています。当院に設置されている筑波大学附属病院地域臨床教育センター(茨城県寄附講座の筑波大学教授・准教授・講師が当院で常に勤務)により、泌尿器科(教授)・麻酔科(准教授)・循環器内科(講師)・循環器外科(教授)・膠原病/リウマチ科(准教授)・産婦人科(教授)・小児科(教授、准教授)・呼吸器外科(講師)・放射線治療科(教授)・腫瘍内科(教授)・乳腺外科(教授)・精神科(教授)・腎臓内科(講師)・歯科口腔外科(教授)の診療が充実してきており、教員が当院全体で15名となりました。秋には神経内科講師も就任予定です。

 

 2015年10月に再開した産科診療では、分娩数も徐々に増加し、2018年度は150件となりました。2019年度前半の分娩予約が3月段階で95件入っており、180-200件程度になる見込みです。合併症のある方や里帰り分娩の受け入れも行っています。異常妊娠である異所性妊娠(子宮外妊娠)、流産、絨毛性疾患はすでに県内トップクラスの数を受け入れています。今後も産科と新生児の専門医を中心として、信頼される周産期医療を進めていきます。

 

 また、地域医療支援病院として地域の医療機関との連携も深めています。地域連携は医科だけでなく歯科との連携も進め、さらに、へき地医療拠点病院として県北などのへき地医療にも支援しています。県北・鹿行などの医師不足・看護師不足の施設に当院の医師と看護師を常勤スタッフや非常勤医として派遣し、医療支援を行っています(2017年度は595件)。 

 

 当院は、医療の質向上と病院経営の健全化の両立が達成されつつあります。私どもの主たる任務はあくまでも患者さんのために、安全で質の高い標準医療(最善の医療)を提供することにあると考え、一層身を引き締め日々の診療にあたっていきたいと思います。

 

 そして、県立中央病院では職員の過重労働回避にも努力しています。病院として時間外労働を減らす理由は3つあります。第一に、医療ミスを防ぐためです。第二に、医師、薬剤師、看護師、技師、事務などの健康問題です。第三には、人件費の節約です。病院の過重労働回避には患者さまとそのご家族のご理解なしでは実現できません。ぜひご理解いただきたいとお願いする次第です。

 診療に関する疑問や不安、また将来計画に関するご提言がございましたら、直接、病院長あてに、忌憚のないご意見をお寄せください。

2019年4月

茨城県立中央病院・茨城県地域がんセンター

病院長 吉川 裕之

 

▲戻る